AI人材の育成よりもAI人材が活躍する環境整備が大事

政府、AI人材年25万人育成へ 全大学生に初級教育:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42932250W9A320C1SHA000/

 

このところ、「AI人材」を育てよう、という目的の政府主導の取り組みをよく見る。報道を見る限りAI人材というのはプログラミングを通じて機械学習アルゴリズムなどを作成したり活用したりできるスキルを持った人、という感じだ。

もちろん、AIを使って社会を豊かにしていくためには、今後このようなAI人材は一定数必要になるだろう。しかし、AI人材が活躍するためには周囲の環境を整えることの方がよほど大事なのでは?と思う。

例えば、AIを有効に使うためには「AIを使ってなんかいい感じにしてくれ」というような丸投げな関わり方ではなく「この問題を解決するためにAIによるデータ分析の結果を活用しよう」と具体的に考える上司(などの意思決定する人)が必要になるだろう。あるいは、機械学習アルゴリズムなどにとって一次データの質がとても重要であることを理解し、データの精度向上や収集に協力してくれる関係者も必要になるかもしれない。AI人材が単体でいればうまくいくのではなく、組織全体でAIに関するリテラシーが向上することで、初めてAI人材も活躍できる。逆に、そういったリテラシーが低い組織に「AI人材」を入れたところで、彼らが価値を発揮することは難しいだろう。

日経新聞を読んでいると、様々な問題が語られたあとで「AIの活用によって解決を図る」といった意味の文章をよく見る。あたかもAIを導入すれば自動的に問題解決されるような書き方に感じる。そんな魔法の杖のような「AI」を期待して「AI人材を育成する」と言っているのであれば、都合が良すぎる発想だ。管理職や直接AIの設計に携わらないスタッフ含め、問題解決の一ツールとしてAIをとらえ、組織的にリテラシーを上げる取り組みを行わなればAI人材は活用できずに終わるだろう。

カフェをやる若者

自分の家の近くにカフェがある。そのカフェは静岡市内に3つも店舗を構えていて、どの店もいつもお客がいる。

新聞や雑誌の記事では「地方消滅」なんて煽情的なキャッチコピーで地方都市と大都市(東名阪)が比較されている。でもそんな地方都市にもカフェを開いて大きくしていっている若者がいると思うと、消滅なんていうワードが本当に正しいのか?という気がしてくる。もちろん静岡市は地方といっても県庁所在地なので、若者の減少が起こるにしても周辺よりもゆるやかなのだろうけど。

 

身を貫く春一番の紺屋町エスプレッソ待ちに流れるエミネム

駐車場

今の家の近くにあるスーパーは、店と同じくらいの面積の駐車場がある。みんな車で来ているらしい。静岡の人は東京の人と違ってメインの移動手段が車だ。

だからなのかもしれないが、静岡駅前を除いて店が集中してない。自分は車を持っておらず自転車で移動しているが、それなりの距離を移動しないと2軒目のスーパーに行けない。東京は駅前にスーパーが固まっていたので、徒歩で買いに行けた。

おかげで、好きなお酒を買うために割と遠くのスーパーに行く必要があり、ちょっとめんどいを。ちょっとだけね。

 

スーパーの地産地消コーナーの見知らぬビール420円

体が引っ越した

東京から静岡に引っ越した。今までの土地勘が全く通用しない土地に来て、自分が変えられていくのを感じる。ここの通りを抜けるとここに出るんだ、とか、安いスーパーはここだ、そういうことをイチから覚えるのが楽しい時期だ。

 

妻に付いていって引っ越します、ということを前の会社の人に話すと、優しいねぇとか不安じゃない?とか言われた。毎度恐縮していたが、自分は不安よりも楽しみが大きい。引っ越して知らない環境に放り込まれることで、否応なしに自分が変わらざるを得ない。新しい部屋の収納に対処し、新しい街の地理に順応し、新しいビアバーのメニューを覚える。自分というのはこの身体だけの自分じゃなくて、周りも含めて自分なんだなぁと実感できる。自分はこうだ、とか、こういうものが好きだ、と思っていた認識が覆される(覆らない時もある)。それが楽しい。

 

ここの水そのまま飲めるし飲んでみて水道水をコップに注ぐ妻

 

ミスコンは廃止すべきではないのでは?


ミス・アメリカ 水着審査を廃止 | NHKニュース

 

今回の決定の理由は「女性を外見で評価すべきではないなどとする長年の批判」らしい。でも、本当に問題なのは「女性を外見で評価してること」ではなく「外見で評価すべきてない状況で、外見で評価される機会が女性に多い」ことなのではないか?

仕事の能力で評価されるべき会社で、競技の能力で評価されるべきスポーツの現場で、外見をあれこれ言われるのは、私が見る限り女性の方が多い。その状況を変える手段として「外見で評価するイベントを廃止する」というのが正しいとは思えない。

男女の権力関係が存在するなら審査員は全部女性にすれば良いし、見る/見られるの関係に非対称性があるなら、男性版ミスコンをやればいいのではないか。

外見で評価するイベントはイベントで維持しつつ(「競技の能力で評価するイベント」があるスポーツと同じように)、セクハラには男女一眼となって対処する、というのが望ましい流れに思える。

今2ちゃんねる(5ちゃんねる)を見る意味

趣味のことを話したいとき、2ちゃんねるをよく見る。Twitterまとめサイトのコメント欄に比べて落ち着いてる気がするからだ。インターネットが本格的に普及し始めた95年ごろに大学生だった人も、今や40歳にならんとしてるのだが、そういった年齢を感じる。30年くらい前の出来事だったら、リアルタイムで体験してる人が割といる。もちろん荒らしもいるが、慣れたもので完全スルーだ。

5ちゃんねるは仕様で、名乗らない限り24時間経つと名前の同一性が消失する。それくらいの温度感がダラダラ話すには向いているんだろう。Twitterはアテンションを稼ぐことにフォーカスしすぎて、煩い。ダラダラするには5ちゃんねるが一番である。インターネットおじいちゃん。

ノート

仕事でノートを使っている。B5のKOKUYOのCampusノート。黒。5ミリ方眼。ノートには思いついたことや簡単な計算なんかを書く。

集中してないな、と自覚したときは「集中しろ!」というフレーズをノートに書く。こう書くことで自分の状態を可視化できるので、ボーッと時間を無為に過ごすことが減ったような気がする。

今仕事を終えて帰っている。今日のノートを見返すと、ページの半分くらいが「集中しろ!」で埋まっていた。残りの半分は「がんばれ!」だった。

完全に頭おかしい人のノートだ。でもまぁ特に興味も関心もないことを仕事としてやってるのだから、ある意味頭の中おかしいといえばそうもしれん。

明日は「集中しろ!」を2行くらいに収めたい。